恋するランジェリー

menu

恋するランジェリー~相葉キョウコのTL無料画像と試し読み

オネエ言葉を使うミサキは男性なのにランジェリーに携わるというストーリーが面白い。フリフリセクシーランジェリーのように可愛いもの好きなミサキに共感です。地味なランジェリー案しかない恵がミサキ色に染まりながら二人の恋に発展していく関係性がドキドキ興奮します。

恋するランジェリー あらすじ

恋するランジェリー

無料立ち読みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
恋するランジェリー

「下着なんて何着けたって変わらないって思っていた…」

主人公の有田恵が、ずっと思っていたことだった。

人事異動の回覧を見るまでは…。

ランジェリー部門では、若手従業員の産休が重なり人手不足。

婦人下着部で一番若い恵が、ランジェリー部に配属された。

恵は、大手下着メーカーに入社して5年目。

婦人下着部で様々なパンツを作る為、頑張ってきた。

そのため、華やかな部署へ移動してきた戸惑いがあった。

そんな中、現れたのがイケメンで綺麗な男性ミサキ。

女性部長がミサキを呼び止め恵を紹介した。

「アンタ…ブラのサイズ合ってないわね」

いきなりのオネエ言葉に驚き、ブラサイズが合ってない事を指摘されて、ア然とする恵。

ランジェリー部門の会議が始まり、改めて紹介をされる。

しかし皆の反応は薄く、恵は歓迎されていないと感じた。

「ここ空いてるわよ、人手も足りないわ」

部長が恵の席を探しているとミサキが声をかけてきた。

まだ慣れていない部署で、変な男と思っているミサキと一緒に仕事をする事になり、不満に思う恵。

ミサキは春物新作案を出すように恵に伝えた。

「婦人用下着部門だったので、若者向けの知識がないんです!」

恵は、言い訳のような答えで返した。

「アタシだって、もともとなかったわよ!」

ミサキに言われて恵は仕方なく、半ば逆ギレ気味に春物新作案をやる事を承諾する。

「地味で、ババ臭いわね」

考えてきてた新作案を、ミサキに見せると全て却下された。

「フリルレース付きのランジェリーなんてゴワゴワしてるだけ…(心の中の思い)」

下着なんて気やすいのが一番だと思ってる恵は、ふてくされ気味だ。

「シャツ脱いで、下着見せてみなさい!」

突然、ミサキから驚く言葉を投げかけられる。

ダサい下着が、新作案をダサくさせてると言うのだ。

「イヤです!なんで私が!」

「仕事のうちよ!見せなさい!」

脱いだ後の、二人の恋の行く末は…。

恋するランジェリー
↓ ↓ ↓ ↓
恋するランジェリー

恋するランジェリー 感想

恋するランジェリー
ミサキはイケメン綺麗で中性的な男性って事なので、現実に居たらモテモテですね。

オネエ言葉を使うミサキは、男性なのにランジェリーに携わるというストーリーが面白い。

フリフリセクシーランジェリーのように、可愛いものが好きなミサキに共感です。

地味なランジェリー案しかない恵が、ミサキ色に染まっていく様子がワクワクする。

二人の恋に発展していく関係性がドキドキ興奮します。

恋するランジェリー
↓ ↓ ↓ ↓
恋するランジェリー

恋するランジェリー 情報

【タイトル】恋するランジェリー
【作者】相葉キョウコ
【配信話数】全1巻完結 
【購読ポイント】600pt

会員にならなくてもサンプルが無料で読み放題です。ただし続きが読みたい場合には、別途300円(税別)の月額会員に登録します。ポイントが付与されますので、ポイントと交換で本編を購入しお読み下さい。

恋するランジェリー

無料立ち読みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
恋するランジェリー